日向坂46 『キツネ』

曲調がAKBっぽいのは誰もが思うところだろう。自分はかなり好きな曲調。こういった曲で歌詞を気に入ることは大体無いがこれも例に漏れず歌詞は頭に入らない・・・。

振付もかなりAKBっぽい・・・というかアイドルらしいもの。激しい振りが目立ちライブ映えしそう。MVの感想も上げておくと河田陽菜さんと上村ひなのさんがめちゃ可愛いと思いました。小坂さんのどや顔はなんか笑いそうになる。

p


日向坂46 『ドレミソラシド』

 

ポカリ,アクエリのCMすぎて笑いそうになった。

小坂センターに関しては坂道グループが表題曲センターを世間に(?)浸透するまで固定する風潮があるのでまあそうだろうなという。

最近めちゃくちゃ運営に推されていた河田、大体フロントにいる加藤、斎藤とまあこの辺も何も思わないが、丹生のフロントはかなり意外で驚いた。自分は丹生ちゃんもかなり好きなので嬉しいが、正直何故かいない柿崎-河田のシンメを想定して作っていたような気がして微妙な心情。

欅も含めいつまで全員選抜でやっていくつもりなのかは分からないが、全員選抜であることが逆に上下の差を際立たせているような気がしてならないので、3列目常連になっているメンバーにもなんらかの機会を与えて欲しいとは思う。

44

[Sing Out!]の4期生個人PV予告が公開されたので気になったものだけ感想。

 


遠藤さくら 『わたしには、なにもない』

タイトルからして一段と目を惹く。本人の(?)歌をBGMに進行するPVのようだが、制服と儚げな歌声の相乗効果でノスタルジックな映像になっているように感じた。余談だがこのPVを見ていて初めて鈴木絢音さんに顔が似ているなと思った。

事あるごとに遠藤さくらを持ち上げてしまっているせいで最早ステマと思われても仕方がないのだが、遠藤さくらの魅力はそれほどまでに凄いということで。

 


筒井あやめ 『筒井あやめのアイドル開幕宣言』

4期生最年少ということで、3期生最年少の岩本蓮加チックな幼さ、あどけなさの見えるPV。夢を叶えて尚新たな夢を抱く、年相応の可愛らしい内容。

 


掛橋沙耶香 『拾ってください』

とにかく可愛すぎる。なんだこれ・・・。いやーすごいわ・・・。あんたはすごい。

 


田村真佑 『ありのままガール』

ファンが一番求めているであろう自然体、ありのままをテーマにするのはやはりベタだけどベター。なんだかんだ一番全部通して見たいと思ったのはこれ。

 


清宮レイ 『ルーキーヒーローレイ』

令和であることを一瞬忘れるようなクオリティだが、本人が楽しんでいそうなのが伝わってきてすごい良い。自転車を漕いでるシーンの風の音が凄いのも全て疾走感で片付けられそうなのが良く出来てんなあと。

 

4


乃木坂46 『4番目の光』

 

3:55の遠藤さくらに大園桃子の影を見る。

3期曲が軒並み強くて、ビジュアル的な期待値として同レベルかそれ以上の4期生もかなり期待されていた中での新曲。センターは遠藤さくら。フロントは田村真佑、掛橋沙耶香、嘉喜遥香、筒井あやめ。

 

自分の好みとしては「3番目の風」で感じた刺激を上回ることは無かったが、4期生らしさのようなものは垣間見える良い曲。まだらしさが分かる程4期生の内面を知らない為、イメージでしかないが。

センターの遠藤さくらは加入時点から存在感が凄まじく、雑誌の掲載のされ方(齋藤飛鳥と共に表紙を飾っていた記憶がある)などから見ても運営の一押しなんだろう。そういった扱いを受けて然るべきビジュアルや年齢であると思う。

3期生の曲は若干48グループに近いものがあると感じていたが、4期生の曲はもうゴリゴリに初期の乃木坂曲に寄せていっている印象。個人的な曲の好みは断然48グループのものなので、少し残念な気もする。

m


乃木坂46 『平行線』

久々の大園桃子センター曲。最近の3期事情は傍から見ている分には与田>山下>大園>梅澤>・・・といった推され方に思えるが、3期の圧倒的なセンターが誰かという話になるとやはり大園桃子しかいないと思わされる出来の良さ。

 

自分は「三番目の風」のMVを見た時からすっかり大園桃子を気に入ってしまったが、彼女のセンターが何故こんなにもしっくりくるのかはこのMVを見るまで自分でもよく分からなかった。

ダンスはしっかりとメリハリがあり素人目には特に文句をつける点も無いが、3期の中でも飛び抜けて上手くは見えないし、上手いとされているメンバーと比較した際には多少差があるようにも感じる。歌唱力も「平行線」は良く言えば透明感のある綺麗な歌声だが、「言霊砲」での歌声は贔屓目に聴いてもかなり拙いなと思っていた。

彼女が3期の中で突出している点はきっと表情、笑顔なんだと思う。

笑顔といっても、笑顔の要求される場面ではアイドルは誰しも笑顔を出して見せる。彼女だけがずっと笑顔というわけではないが、それでも彼女の笑顔はとても記憶に残るし、大勢の人間が同じ表情で並んでいるような状況でも彼女の笑顔は一段と人目を惹くと思う。それは彼女が加入してからずっと乃木坂というグループ単位で見ても突出していると思うし、生まれ持った魅力なんだろうと感じる。

 

.

「好きって、今のままのあなたじゃなきゃ嫌だってことではないけど、どんなあなたになってもいいってことでもないと思う。だからなんだろう・・・あなたは私の好きなあなたでいてくれるだろうっていう、信頼の言葉かな」

自分は今まで沙弥香のことを自分勝手な人だとしか思っていなくて、それは侑のことが好きで彼女に幸せになって欲しいからそう思うんだろうなとばかり考えていたけど、このセリフを堂々と言えてしまう沙弥香は本当に自分勝手で、これが恋をするということなのかなと思った。